漢方薬と興奮薬

漢方薬という言葉を聞いたことがあると思います。

ですが、実際にどういうものかを理解しているのは少ないのではないでしょうか。

おそらく体にいいけど、薬よりは効果がないという認識の人が多いのでは
ないかと思います。

漢方薬は生薬を用います。生薬とは自然界に存在する天然のモノをそのまま
薬として使うことを言います。

それを個人の体調や状況にあわせ、数種類の生薬を組み合わせて処方するのが
漢方薬です。

漢方は中国でかぜや下痢などの症状にたいして薬草を煎じて服用してきた
ことが始まりと言われています。

漢方薬のイメージとしては、効果があらわれるまでに時間がかかるという
ものが多いと思います。たしかに基本的には、継続して飲み続けることで
効果を発揮するものが多いのですが、中には即効性がある漢方薬もあります。

また漢方薬には副作用がないというイメージもあるかと思います。

たしかに漢方薬は天然の生薬を使用してますので、一般の医薬品などと
比べると副作用はありません。

ですが体質によってはアレルギーがでるなどの症状が起こることはあります。

またどんなに体に良い成分でも過剰に摂取すると、悪影響を及ぼす可能性が
あることは否定できないのも事実です。